english
ここ、極限エネルギー密度工学研究センター(通称;極限センター)は、様々なパルス技術を利用した各種パルスビーム(パルスのプロトン・電子・レーザービームなど)開発や、材料設計、開発解析などに取り組んでいます。私は当センターの卓越した電源回路技術やパルスビーム設計技術を駆使した新しいマテリアルデザインに取り組んでいます。大学院からの高専専攻科および他大学からの大学院入学も強く支援しています。
自己紹介
SNCマップ
Tadachika Nkayama
〒940-2188
新潟県長岡市上富岡町1603-1
TEL:0258-47-9889
FAX:0258-47-9890
中山 忠親
アドバンストコース
3Dプリンタラボ
スーパーグローバル大学
アドバンストコース
NaICE

English Page

本研究室は高専専攻科生・他大学卒業生の大学院からの加入を強く推奨しています。

技術科学イノベーション専攻について
(現在学部4年or専攻科2年の学生さんへ)

2015年版研究室紹介リーフレット

学部3年配属希望者向け研究室紹介2015

大学院からの進学希望者へ
(高専専攻科・他大学学部卒)

東京モーターショー出展について

最近のニュース(ブログ風)

アドバンストコースについて(高専生対象)

現在海外留学中の学生情報

研究室利用装置紹介

最近の主要な業績例

アドバンストコース セカンドラボ


アクセスマップ(中山居室への地図)

◆長岡技術科学大学
電気系&極限エネルギー密度工学研究センター(兼任) 准教授
中山 忠親(なかやま ただちか)

略歴

 
1971年 6月18日 神戸市 にて生まれる
この間15回引越をした後
1990年 千葉県立 千葉東 高校 卒業
1991年 専修学校 河合塾 卒業(一浪)
1995年 大阪府立大学 工学部
金属工学科 卒業 (工学 学士)
1997年 大阪府立大学 大学院 工学研究科
物質系専攻 修了 (工学 修士)
2000年 大阪大学 大学院 工学研究科
物質化学専攻 修了 (工学 博士)
2000年 大阪大学 産業科学研究所 助手
2005年 長岡技術科学大学 助手
□電気系 准教授
□極限エネルギー密度
  工学研究センター 准教授(兼任・2007年〜)
□教育研究高度化プロジェクト・
  教育研究プランナー(兼任・2009年〜)
□教育方法開発センター 構成員(兼任・2009年〜)
    現在に至る
 
もっと詳しくお知りになりたい方はこちら
ナノ秒パルス場の利用
ナノ秒パルス場とは?
電場による配向制御法
電場による静電気利用
nano3D
ナノ3Dプリントの無機応用
ミクロ3Dプリントの産業展開
バイオ
バイオ技術の融合
無機物とバイオ技術の融合
シミュレーション シミュレーション
セラミックス新プロセス開発
セラミックス新プロセス開発
大気圧プラズマプロセスの開発
ハイブリッドプロセスの開発
ナノインプリント技術
解析技術 ナノ構造解析技術の開発
X線CTのナノ領域観察
XPSによる電子構造解析
新機能の探索 新機能の探索
高効率な冷却=磁気冷凍
エネルギー貯蔵技術
地球環境をクリーンにする浄化触媒
使用装置 使用装置の紹介
国際交流 国際共同研究の紹介
copyright (C) 2007 Nagaoka Univ. of Tech. All right reserved.                You are the 2888th visitor.