長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
EUV光源開発


ホーム
極限エネルギー密度工学
センターの沿革
研究装置
研究紹介
計測・分析
研究論文発表
構成員
位置・連絡先

 

極端紫外光源の開発

 

 半導体露光技術の進化により、高出力の極端紫外(EUV) 光源が要求されています。EUV光の発生には高温・高密度プラズマが必要です。パルス放電を用いてプラズマを発生し、大電流に伴うピンチ力を用いてプラズマの圧縮と加熱を実現することができます。本センターでは、半導体スイッチと磁気スイッチの組合せにより、パルス大電流電源を開発し、これを用いたEUV発生研究を行っています。

 

極端紫外光源開発用パルス大電流電源

 


[ ホーム ] [ パルスイオンビーム蒸着 ] [ パルスレーザー堆積 ] [ パルス細線放電 ] [ パルス電源開発 ] [ 大電力マイクロ波 ] [ EUV光源開発 ] [ 電子ビーム排ガス処理 ] [ パルス放電排ガス処理 ]

更新日:平成16年11月9日

このページに関するお問い合わせ:kyokugen@etigo.nagaokaut.ac.jp
長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
〒940-2188新潟県長岡市上富岡町1603-1
TEL: 0258-47-9891     FAX: 0258-47-9890