長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
大電力マイクロ波


ホーム
極限エネルギー密度工学
センターの沿革
研究装置
研究紹介
計測・分析
研究論文発表
構成員
位置・連絡先

 

大電力パルスマイクロ波の発生と評価

 

 仮想陰極発振器を用いたパルス大電力マイクロ波発生について、実験とシミュレーションの両面から調べ、特にマイクロ波発生機構の解明およびマイクロ波変換効率の向上を目指しています。新型仮想陰極発振器を提案し、高繰り返しパルスパワー発生装置 “ETIGO-IV” および三次元粒子シミュレーションコード “MAGIC” を用いて特性評価を行いました。その結果、最大10 % のマイクロ波変換効率が得られ、従来の実験結果を大幅に改善すると共に仮想陰極発振器の実用性を示しました。本研究は、アジア航空宇宙研究所(AOARD)との共同研究です。

 

新型仮想陰極発振器

 

シミュレーションコード "MAGIC"を用いた三次元数値計算

 

 


[ ホーム ] [ パルスイオンビーム蒸着 ] [ パルスレーザー堆積 ] [ パルス細線放電 ] [ パルス電源開発 ] [ 大電力マイクロ波 ] [ EUV光源開発 ] [ 電子ビーム排ガス処理 ] [ パルス放電排ガス処理 ]

更新日:平成16年11月9日

このページに関するお問い合わせ:kyokugen@etigo.nagaokaut.ac.jp
長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
〒940-2188新潟県長岡市上富岡町1603-1
TEL: 0258-47-9891     FAX: 0258-47-9890