長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
パルス電源開発


ホーム
極限エネルギー密度工学
センターの沿革
研究装置
研究紹介
計測・分析
研究論文発表
構成員
位置・連絡先

 

1) MOS-FETを用いた超高速スイッチングユニット


市販のパワーMOS-FET(6並列´8直列)で構成された超高速スイッチングユニットです。各素子の動作は光ファイバーを経由して共通の外部信号によって制御されます。  More information


(5 kV, 100 A, 240 ns, 2 MHz)

 


2) SIサイリスタを用いた超小型パルス高電圧電源


SIサイリスタを用いた独自の回路構成により、バッテリ(直流12V)の出力をパルス高電圧に変換するパルス高電圧発生電源です。超小型と超軽量を実現しました。  More Information


(12 kV, 100 ns, 2 kHz)

 


3) SOSを用いたエキシマレーザー用パルスパワー電源


急峻な電圧上昇を得るために半導体開放スイッチ(SOS)を用いたパルスパワー電源で、エキシマレーザーチャンバー内で均一な放電生成に重要な役割を果たします。  More information


(60 kV, 30 kA, 300 ns)

 

 

[ ホーム ] [ パルスイオンビーム蒸着 ] [ パルスレーザー堆積 ] [ パルス細線放電 ] [ パルス電源開発 ] [ 大電力マイクロ波 ] [ EUV光源開発 ] [ 電子ビーム排ガス処理 ] [ パルス放電排ガス処理 ]

更新日:平成16年11月9日

このページに関するお問い合わせ:kyokugen@etigo.nagaokaut.ac.jp
長岡技術科学大学極限エネルギー密度工学研究センター
〒940-2188新潟県長岡市上富岡町1603-1
TEL: 0258-47-9891     FAX: 0258-47-9890