Glider and Suematsu

グライダーと末松

About

I like watching airplanes.  Whenever I had a chance to visit Haneda Airport with my father, I went the roof of terminal and see take offs and landings for hours. But, this is just what many boys do.

Long time since then, I entered a university.  A friend of mine invited me for a glider club.  This changed my life.  I began flight lessons and successfully got a glider license when I was a senior. 

子供の頃から飛行機が好きでした。父と羽田空港に行くのは楽しみで、ターミナル屋上から何時間も飛行機を眺めていたもので す。多くの子供と同じように。

その後、大学に入りました。その際、同期が航空研究部に呼んでくれました。これが私の人生を変えました。私は練習生とな り、4年生の時に滑空機の免許を取りました。

About

After the graduation, I became a postdoc in Los Alamos.  With my friend, I began flight lessons with Cessna 172 and 182 in Santa Fe Airport.  I took licenses for single engine land and instrument rating. 

In the glider and powered plane lessons and flights, I learned many precious experiences.

卒業後、ロス・アラモスで働きました。同期の勧めでサンタフェ飛行場にてセスナ172と182で練習を始め、単発と計器飛 行のライセンスを取 りました。

この間、グライダーと飛行機で貴重な経験を得ました。 

About

The most important lesson is crisis management.

This knowledge was unfortunately utilized in a glider accident in 1983, which killed a senior student.  I learned a bitter but important lesson that a man would not revive after being dead.  Furthermore, in the accident, other senior students and instructors controlled the accident by crisis management methods.

In the earthquake in 2011, it was revealed that politicians and government officers became chaos and did not know this crisis management methods.  I hoped that alumni of Nagaoka should learn crisis management before the graduation.

In this university, a new department on nuclear engineering was founded in 2012.  By help of other faculties, ex-JMSDF and Coast Guard officers and a government funding agency, a new lecture,  Advanced Safety and Crisis Management, began.

I will keep flying as an active pilot to teach crisis management.

この中で、最も重要な知識が、危機管理の技法でした。

これが生かされてしまったのが、1983年の先輩が亡くなったグライダー事故でした。これにより、人間は死んだら生き返ら ないという、あたりまえだが重要なことを学びました。また、事故対応時の先輩、顧問の方々の行動で、危機が管理されたことを 間近に見ました。

その後、東日本大震災で、政府の高官や議員が混乱し、こうした人たちも危機管理を知らないことに胸を痛めました。そして、長 岡技大の卒業生はこのようにならないようにと、強く 願うようになりました。

こんな中、本学で新しく原子力システム安全工学専攻を設立することになりました。その中で、多くの先生の了解、自衛隊や海 上保安庁OBのご指導、そして国の補助金をいただいて、安全・危機管理特論として講義にすることが出来ました。

今後も危機管理を教える教員として恥ずかしくないよう、現役パイロットとして飛び続けます。