Hisayuki Suematsu

末松久幸研究室

Novel Material Development utilizing Extreme Conditions

極限エネルギー密度工学研究センターの講座として、パルスパワーなどの極端条件と装置を利用した新材料開発に関する研究・教育をテーマ としています。

Pulsed Power Technology

Pulsed power technologies, which has been developed for inertial confinement fusion, are utilized for powder and thin film production.

慣性核融合のためのパルスパワー技術を、パルスプラズマにして粒子、薄膜作製に利用しています。

Extreme Condition

Extreme conditions including, high pressure, low temperature and organic molecules, are developed and utilized for novel material synthesis.

超高圧、低温、極性分子など、極端条件を利用した新材料合成法を開発・利用しています。

Education

Education in Department of Electrical, Electric and Information, Nuclear System Safety Engineering and other organization is carried out.

電気電子情報工学課程・専攻及び原子力システム安全工学専攻等での講義を通じて、人材育成に貢献しています。