* センターの沿革

 

昭和51年 長岡技術科学大学開学
昭和55年 電気系低層実験棟(現粒子ビーム工学センター)竣工
昭和55年 大強度パルスパワー発生装置 "ETIGO-I" 完成
昭和59年 粒子ビーム工学センター設立
昭和61年 大強度パルスパワー発生装置 "ETIGO-II" 完成
平成 8年 極限エネルギー実験研究棟竣工
平成 8年 極限エネルギー密度発生・解析・応用装置 "ETIGO-III" 完成
平成11年 極限エネルギー密度工学研究センター設立
平成12年 パルスイオンビーム照射装置 "ETIGO-IV" 完成
平成12年 第13回高出力粒子ビーム国際会議(BEAMS2000)開催
平成15年 Internationa Symposium on Pulsed Power and Plasma Application 2003(ISPP2003)開催
平成17年 The Symposium on Hybrid Nano Materials toward Future Industries(HNM2007)開催
平成18年 未来産業のためのハイブリッド材料に関する国際会議2006(HNM2006)
平成22年 未来産業のためのハイブリッド材料に関する国際会議2010(HNM2010)
平成22年 粒子棟核原料実験室増築
平成27年 イオンビーム分析用静電加速器設置(原子力システム安全工学専攻)